顔を小さくするとき美容整形外科を選ぶメリットや気をつけておきたいことを説明します

サイトメニュー

美容外科で小顔をGET

注射を打つ人

小顔はプロの技術で作ることが可能

小顔になりたくても骨格を考えると絶対に無理だと諦めてはいませんか。実は美容整形で施術をうければ今よりも一回り、二回り小顔になることも可能なのです。小顔になる方法として一番手軽なのがボトックス注射です。ボトックスには筋肉の動きを抑える働きがあります。顔が大きく見える原因としては咬筋の発達が挙げられます。咬筋が過度に発達しているとエラが張って見えるので顔全体が大きく見えてしまうのです。この咬筋がすっきりするだけでも見た目の印象は大きく変わります。小顔になる方法として有効なのがボトックスなのです。咬筋に注入すれば段々と筋肉が萎縮していきます。注入してから3日後くらいからどんどんエラが目立たなくなり、目に見えた変化を実感することが出来るでしょう。ボトックスを注入するときには痛いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合は麻酔クリームなどを利用して痛みを軽減させることが可能ですので痛みに弱い方でも安心して施術を受けることができます。注入後の注意点としては固いものを食べないことです。せっかく細くなりつつある筋肉が固いものを食べることで発達してしまいますので気を付けてください。出来るだけ患部の筋肉は使用しないように意識することも大切です。

世の中にはたくさんの小顔になる方法が公開されています。その中には自分で出来る小顔になる方法などもありますが、努力しても生まれ持った骨格などは変えることはできません。骨格自体に問題がある場合でも美容外科の手に掛かればその悩みは解決可能です。小顔の施術としては骨にアプローチするエラ削りなども人気ですが、それよりもより簡単に行える方法がボトックス注射です。エラ削りの場合は骨自体を削ることになりますので大掛かりな手術が必須です。大掛かりな美容整形には抵抗があるけれどもどうしても小顔を手に入れたいという方に打ってつけ施術がボトックスなのです。ボトックスは注射器を用いて注入するタイプの施術なのであっという間に施術が完了します。また、皮膚を切開することなく行えますから傷跡もほとんど残らないというメリットがあります。即効性があるというよりも数日かけて筋肉を弛緩させていくので術後徐々に効果を実感することが出来るでしょう。安全性が高い施術としても人気です。小顔目的で行う場合は基本的には咬筋に注入します。エラ部分の筋肉の動きを抑制することで顔の輪郭を変化させる効果が期待できます。注入量によって仕上がりも変わってきますのでカウンセリングがとても重要になります。

Copyright© 2019 顔を小さくするとき美容整形外科を選ぶメリットや気をつけておきたいことを説明します All Rights Reserved.