顔を小さくするとき美容整形外科を選ぶメリットや気をつけておきたいことを説明します

サイトメニュー

小顔治療の種類をチェック

注射器

状態にあわせて適切な小顔治療を行う

少しでも小顔になるためにも、日頃からフェイシャルマッサージやメイクに気を使っている方は多いです。しかしむくみや脂肪が原因で顔が大きく見えているわけではなく、エラや顎、頬骨といった骨格が原因で顔が大きく見えている場合もあります。また、エラの部分にあたる咬筋が発達することでエラが張り出して見える場合などは、自分の努力ではどうすることも出来ないと諦めている方も多いです。そのため美容整形外科など医療機関に相談することで、顔が大きく見えてしまう原因をカウンセリングを通じてきちんと医師が判断し、適切な小顔になる方法を提案してもらうことが出来ます。エラや顎、頬骨といった骨格の部分で顔が大きく見える場合は、美しい輪郭形成をする方法として骨切り術を行います。骨切り術は口腔内から手術を行うので、顔に傷跡が残る心配がありません。骨切り術の施術を行う場合は美容外科、口腔外科、麻酔科と連携して治療を行うクリニックが多いので、顔全体のバランスを見てフェイスラインを整えることはもちろん、噛み合わせを良くすることを重視した施術が受けられます。咬筋が原因で顔が大きく見える場合は、ボトックス注射を利用した施術が一般的です。ボツリヌス菌に含まれているタンパク質が、筋肉の働きを抑制し発達した筋肉を収縮させます。ボトックス注射は日帰りで受けられることや、傷跡やダウンタイムも起こらないので気軽に受けられる小顔になる方法として人気が高くなっています。

顔が大きく見えてしまう原因は人によってことなり、人によっては美容整形外科で行っている小顔治療を行わなくてもセルフケアで小顔を手に入れることができる可能性があります。そのためまずは自分自身の顔の状態をよく確認して、小顔になる方法を見つけることが大切です。顔のむくみや余分についてしまった脂肪が原因で顔が大きく見えてしまう場合は、むくみ対策として水分をきちんととって、ストレッチを十分に行うことで、鎖骨から首周りの柔軟性を高めてリンパの流れをスムーズにします。それだけでも顔のむくみがとれてシャープなフェイスラインを取り戻すことが出来ます。余分な脂肪がついて首周りが太く見えたり、顔が丸く見えたり二重あごが改善しないなら顔やせを意識せず、全身の脂肪を落とすことを意識して筋トレや有酸素運動を行うだけでも効果が高いです。効果的に顔周りのマッサージを行いたいなら美顔ローラーなどを利用して、フェイスラインや首筋を中心に美顔ローラーをコロコロと転がすだけでも引き締まったフェイスラインを手に入れることができます。このような小顔になる方法を行った上で小顔効果を得られないなら、整体院で小顔矯正を受けてみたり、エステサロンでフェイシャルケアを受けたりしてみる方法もありますし、美容整形外科に相談することで適切な治療を受けることができるので、相談をしてみましょう。

Copyright© 2019 顔を小さくするとき美容整形外科を選ぶメリットや気をつけておきたいことを説明します All Rights Reserved.